飼い主の皆さまへ


来院するときは

リードをつけて、または
キャリーバッグでご来院ください

 ワンちゃんネコちゃんは病院に行くと、とても緊張します。いつもと違う環境ですし、他の動物とも出会います。そんなときに、ケンカになったりしないようにリードをつけてきてください。

 怖がりのワンちゃんやネコちゃんはキャリーバッグなどに入ると、自分の場所ができて安心できます。おうちでは大人しい子でも、慣れない場所なのでパニックになることもあります。
 特に暴れてしまうネコちゃんの場合は洗濯ネットなどに入れてご来院ください。

 

 

猫ちゃんの来院ストレス軽減のために

 ・キャリーケースはプラスチック製で横と上に扉があるタイプがおすすめです

   ⇒キャリーケースから出てきてくれないときも出しやすく、診察がし易い。

    もし、汚れてしまってもきれいに洗えるため。

 

 ・キャリーケースをバスタオルや毛布でくるむ

   ⇒視界を遮ることで安心します。

    どうしても暴れてしまって脱走が心配な時は、洗濯ネット入れてからキャリーケースに入れましょう。

 

 ・キャリーケースの中に日頃使い慣れている毛布やクッションなどを入れましょう

   ⇒いつもの家のにおいがする方が安心します。

 

 ・車での移動はキャリーケースをしっかりシートベルトなどで固定しましょう

   ⇒車の揺れによる不安や緊張を和らげます。また万が一事故にあったときに思わぬケガをしないように。

 

 ・待合室ではキャリーケースは椅子の上か膝の上で持ちましょう

   ⇒床に置くとワンちゃんと目が合ったり、人の足音などにびっくりしてしまいます。

 

 


診察について

 

 診察は来院された順番でお呼びいたします。(予約はできません)

 症状や検査の内容によっては順番が前後する場合がございますが、ご了承ください。

 急患の場合はできれば事前にお電話をお願いいたします。



 なお、避妊や去勢などの手術や往診にはご予約が必要です。

 混み合っている場合はご希望の日程に添えないこともございますので、お早めにご連絡お願いいたします。

 

 猫ちゃん専用診察時間もございます(来院歴のある猫ちゃんのみ)